どうやって治療する?

非定型うつ病の治療方法は、従来のうつ病と同じで薬物療法になります。
従来のうつ病に関しては、薬物療法とカウンセリング療法で改善することが多いのですが、非定型うつ病に関して薬物療法が中心となります。
カウンセラーからカウンセリングを受けることもできますが、自分の感情を出すことはできるので余り意味がないと言われています。
ですが、その分薬物療法と同時に自分で対策を行なうことが必要となります。

薬物療法に関しては、抗うつ剤を処方されます。これは、神経伝達物質を正常に働かせるように効果を期待できる成分が含まれています。
非定型うつ病も従来のうつ病と同じで、脳から神経伝達物質が上手く働いていないことが原因です。
ですから、この物質を正常に働かせるようにすれば、症状を改善できると言われています。
しかし、非定型うつ病に関してはこの薬だけを処方されます。症状や副作用によっては、他の薬も処方されることもありますが、今の治療方法では抗うつ剤だけというのが定番です。
現代にある抗うつ剤は、副作用が結構あります。この副作用によって体調が悪くなってしまったという人は、うつ病患者には多いです。
それに、この薬に関してはすぐに効果を期待できるのではなくて、徐々に効果があるのを実感できるようになります。
だから、うつ病も非定型うつ病も長い時間をかけて改善する病気となります。人によっては、早く改善したいという人もいますが、焦ってしまうと余計に悪化することもあります。
症状を悪化させないようにするには、自分のペースに合わせてゆっくりと改善することが一番です。

薬物療法だけであっても、焦らずにゆっくりと時間をかけて改善できるようにしましょう。
そうすれば、周りの人たちにも気分屋という風な目で見られてしまうことはありません。
それに、こういった精神的な病気は自分だけ改善することは難しいので、できるだけ周りの人にも協力してもらえるようにしたほうがいいでしょう。